2010年03月11日

仕分け作業の行方

仕分け作業。

無駄を省く、というそれはそれで良いのだが、その後がどうなるのか?
今のところ何も見えてこない。

もし仕分け作業の後、なくなっていく会社があるとすれば、当然天下り役員たちは退職金を貰うことになるのだろうと思うが、きっと退職金の額も馬鹿にならないほどの総額になるのではないかと思う。

そこで思うのだが、今回の仕分け作業の本当のねらいは、混迷する日本経済の最中に、現ナマをどんどん持ち出そうとしているのではないかということなのだ。

退職金としての総額がいくらになるのか?

ちょうどアメリカの大手企業が倒産し、巨額の退職金を手に退社したことで話題になったが、それと同じ思惑があるように思えて仕方ない。

はてさてどうなることやら。

posted by レニーパスタ at 15:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行方って…なんだろう…?
Posted by BlogPetのぱんだほ at 2010年03月11日 15:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。